コーヒーをおいしく頂く為の方法として通常は、インスタントコーヒー粉をカップに入れお湯を注ぐだけという方法以外で調べてみました。インスタントコーヒー粉を使わないということは焙煎した豆を粉砕した粉を使うということです。はるか昔は、木になっている実を鍋にいれて煮立ててその上澄みを飲んだと言われています。現在からは考えられないことです。これではなかなかおいしく飲めていないと思います。コーヒーの抽出方法には大きく分けて透過法と浸漬法という方法に分かれます。透過法とは、コーヒー豆に上からお湯をかけて濾すという感じです。ペーパードリップなどがこれにあたります。浸漬法とは、文字通りお湯に浸して漬けるという方法です。透過法が短時間で抽出できることに対して、浸漬法は、少し時間をかけて抽出するイメージです。サイフォンがこれにあたります。さて、透過法の種類ですが、器具としては、ネルドリップ、ペーパードリップ、エスプレッソマシン、コーヒーブルワーが該当します。手作り感満載の方法は、ネルドリップとペーパードリップです。ネルドリップは布を使ってコーヒーを濾します。ペーパードリップとの違いは、ネルが何回も洗浄して使うのに対してペーパーは使い捨てです。味は、ネルの方がきめ細かいまろやかな味を出すことができます。技術的には、どちらも難しく安定した味を出すのには少し練習が必要となります。同じ豆を使ってもカフェによって味が変わるのはこの抽出技術の差によるところも大きいです。ファミリーレストランなどのコーヒーを専門に扱わないお店では、コーヒーブルーワーが使われることが多いです。ブルーワーに決まった粉の量だけを入れれば、誰が作っても同じ味のものが作れるからです。家庭用のブルーワーもたくさん販売されています。粉を入れてスイッチを押すだけで抽出されるので、忙しい朝には一番かもしれません。エスプレッソマシンは、家庭用も販売されていますが、専門店のような味を出すのは難しいです。コーヒー抽出時にかける圧力などが業務用と比べて劣るからです。専門店にあるようなマシンは高額で100万円以上するものも多く、また、扱いにはけっこうな練習が必要です。家庭用としてのおすすめは、やはりペーパードリップで自分オリジナルの味を作り出すことだと思います。浸漬法でおすすめは、サイフォンです。カフェプラスという器具もありますが、日本では紅茶用として普及していてあまりコーヒー抽出用としては利用されていません。サイフォンは家庭でもよく使われいますが、その作り方でコーヒーの味をコントロールできることは知られていません。コーヒー専門店でも抽出に気を使って出していない店も多いです。ぜひ、サイフォンに関しても家庭でオリジナルな味を抽出することチャレンジしてほしいです。コーヒーは生き物なので、その長所を出すことでよりよいコーヒーライフが送れるようになるはずです。