私はとてもコーヒーが大好きで朝には必ずコーヒーを1杯から3杯ほど飲みます。コーヒーがない朝はとてもでは無いですが考えられません。私はコーヒーについてお話ししたい事は様々ありますが、コーヒーについてよく耳にすることとすれば「コーヒーに含まれているカフェインにはどのような効果や作用があるの?」言うことでした。私はさほどコーヒーに含まれているカフェインに対してカフェインの効果を狙って服用したり、カフェインの効果によってコーヒーを飲むことをやめると言った事は行っていませんがそれでものみところを間違えてしまうとカフェインの効果によって様々な身体的な症状が引き起こされてしまいます。果たしてカフェインにはどのような効果があるのかということについてお話ししていきたいと思います。
まずカフェインの効果の1つとして「利尿作用」と言う効果があることが挙げられます。利尿作用と言うのは体内に貯蔵されている水分や尿をおしっこと言う形で体外に放出しやすくすると言う効果のことです。利尿作用によって身体の中の水分が多く放出されてしまいます。特に夏場の暑い時期などにカフェインを多く摂取しすぎてしまうと脱水症状を引き起こしてしまう可能性がありますので充分注意が必要です。利尿作用に気をつけたいと言う方は極力カフェインの摂取を気をつけるようにしましょう。
またもう一つ並んで有しているカフェインの効果として「覚醒作用」と言うものが挙げられます。このカフェインの覚醒作用によって1番危惧されてしまう症状は夜に寝ることができないと言うことや寝付きが悪くなってしまうということが発生してしまいます。スポーツの現場やどうしても寝てはいけないと言う場面でのカフェインの服用は良いのですが、そのような場面ではない時はカフェインを摂取してしまうと身体に対しての影響が現れてしまいますので注意が必要です。
またそのような効果をひっくるめてと言うことと、カフェインを取らないと調子が悪くなったり禁断症状が出てしまうと言うようなカフェイン中毒と言う言葉も存在します。そのような中毒になりすぎないようにと言うことと、楽しくコーヒーをたしなめる程度の飲用をおすすめしたいと思います。今までにカフェインがどのようなものか知らずに接していたと言う方は今回をきっかけにぜひ覚えていただきたいと思います。このような点に気をつけ私と一緒にこれからもコーヒーを楽しんでいきましょう。