コーヒーは歴史のある飲料です。歴史があるということは人間のニーズにあい長期間漏れず親しまれてきたということです。世界中を見渡してみても、世界中で飲まれているのが分かります。日本国内をみてもコーヒーのない喫茶店・カフェなど存在しないことから分かることでしょう。本来、コーヒーは日本国外の文化で海外から伝わってきたものですが、寿司屋などの和食店でも必ず用意されているほどです。日本人にとっても、すでにコーヒーはなくてはならない飲料・嗜好品であると思います。
なぜ、これほどまでに人間に好まれた飲料であるかですが、人間にとって益の多い飲料であるからです。それは風味・味・甘さ・苦さなど個人によって好みの分かれる味ではあるのですが、私が最も重要視する効果として、気分転換・気分覚醒に大きな効果をもたらすからです。カフェインが脳に働きかけ、眠気を打ち消しやる気を出し、口当たりは良好であり、現代の人間社会は多忙の日々を極めるにあたっています。短期間で息抜きをし次の仕事に向けてやる気を与えてくれる社会人にとって有意義な飲料となっています。
私は、現在は看護師として働いていますがカフェインを利用した薬剤がたくさん存在していることを知っています。血圧が低下する方はコーヒーなどカフェインが含まれる飲料物を常備しており、医療現場でも積極的に利用されています。血圧を上昇させる効果も含まれていますので、多量に体内に摂取するのは好ましくないのですがコーヒーは医療現場でも使用されているほどです。
個人的なコーヒーを飲む際の注意点としては、空腹時にコーヒー単品で飲まないこと、です。コーヒーは非常に有意義な飲料ではありますが、胃腸を荒す可能性もあり空腹時にコーヒーを飲んで嘔吐してしまったという経験がたびたびあります。喫茶店などでコーヒーとサンドイッチ等のちょっとした食べ物が出てきますが非常に利にかなったことだと思います。また、牛乳とも相性はよく牛乳は胃を保護する作用があり、カフェラテ・カフェオレなどの乳製品が混ざった飲料もお勧めできます。
供給する側にとって自由にコーヒーを元にしたお菓子・スイーツも数多く存在しており、企業によってさまざまな食品が展開されています。スターバックスコーヒーや度ドールコーヒーなどはコーヒーを元にした万人に需要があるような商品を取り扱っており、すべてのコーヒーを味わうのは困難であるかと思うほどです。こうしてコーヒーはさらなる商品を生み出し、私たちの子孫へも受けつがれていくのではと考えます。