コーヒーを飲む上で必ず必要になる豆
今回はそんなコーヒー豆に関する雑学を紹介したいと思います。
まず、一般的なコーヒーショップに行って、コーヒー豆を見た時に、一際高く感じるブルーマウンテン。値段はピンキリになりますが100gで1000円以上したりします。
これはさび病という病気が原因で収穫量が著しく減った為、価格の高騰がおきたためです。
味は飲みやすく、苦味と旨味、酸味のバランスが取れている。美味しい豆です。
とはいえ、コーヒーというのは嗜好品ですから、同じ豆でも人によっては好き嫌いが分かれるため、これが絶対というのは無い所が面白い所です。
その他にはスターバックスでも見かけるようになったパナマゲイシャです。
こちらは100gあたり4000円もする超高級豆です。
ゲイシャも栽培が非常に困難な事から希少価値が高いです。
そしてここからは一般にはなかなか目に触れないコーヒー豆を紹介して行きます。
コピ・ルアック
この豆はインドネシア産のコーヒー豆ですが、ジャコウネコという動物がコーヒーチェリーを食べて、消化できなかったコーヒー豆が糞として排泄されます。
ここまで書いたらわかるかもしれませんが、想像通り、その糞の中から取り出して焙煎したものです。
何やら汚いイメージがありますが、体内で熟成されるため甘みが強く、苦味が特徴的な味になるそうです。
値段も100g5000円前後とさらにお高いです。
もう感覚がおかしくなりそうですよね。
しかし上には上があるものでさらにお高いコーヒー豆も実在します。
その名は ブラックアイボリー
なんだかかっこいい名前です。
アイボリーとは象牙の事です。
ここまで見てくれた方なら察しがつくかもしれませんが、そうです。象です。
象の糞から採取されます。
ちょっと考えられませんが、動物の糞から採れるコーヒー豆は高級なんです。
お値段も体のサイズ通りに規格外で35gで10000円近いです。100gにすると30000近い。
100円でコーヒーが飲めるのに信じられない値段です。
このほかにも、ジャクー、ハナグマ、サルやタヌキなど、コーヒー豆を食べる動物は意外と多いのですが、動物の本能なのでしょうか、皆様熟して甘い、上質な豆を選んで食べる事から、総じて美味しいコーヒーになるのだそうです。
汚いなーと思っても、コーヒー豆というのは固い殻に包まれているので、洗浄、殻剥きをすれば綺麗になりますし、その後に高温で焙煎しているため、全く問題ないのだとか。
これらのコーヒーはネット販売で手に入るものも有りますので、興味のある方は是非、一度試しに飲んでみてはいかがでしょうか。