イタリアのコーヒーといえば、エスプレッソです。イタリアの喫茶店に入り「普通のコーヒー」と頼むと、小さいサイズのコーヒーカップに、濃く抽出されたエスプレッソが少し入ったものがでてきます。

イタリア人はエスプレッソに砂糖を入れてかき混ぜないで飲んでいる、だからこう飲むべきだ、と説明されているものを読むことがあります。実際、イタリア人はどのような飲み方をしているのか、イタリアの喫茶店・バールで働いている者として解説したいと思います。

イタリア人は、自分の好きな飲み方で飲んでいます。エスプレッソの飲み方は、自由です。自分が1番おいしいと思える飲み方で飲んでください。「こう飲むべきだ」という規則はありません。

イタリア人の飲み方としては、砂糖を入れない人、入れる人、少量のエスプレッソなのに4袋くらいの砂糖を入れる人など様々です。砂糖を入れて混ぜる人も混ぜない人もいます。

エスプレッソに少量のスチームしたミルクを入れることが好きな人や、冷たいミルクを入れることが好きな人がいます。

エスプレッソの濃い最初に抽出する少量の部分だけを飲みたい人も、多めに抽出する方が好きな人もいます。

イタリアの喫茶店・バールに入ることがあるなら、ぜひ自分の好きな飲み方、自分が1番おいしいと思える飲み方を発見してください。ちなみにわたしは、エスプレッソに少量のスチームミルクをとろっと流した「カフェ・マッキアート」が好きです。

日本で一般に飲まれているドリップコーヒーとエスプレッソとの違いをとても簡単に言うと、「濃さと量」でしょう。コーヒーは時間をかけてゆっくりと楽しむものだ、と考えるなら、エスプレッソは少し物足りないかもしれません。

ドリップコーヒーは、仕事の作業中にゆっくりと飲みすすめたり、休憩中に仲間と談笑しながら飲んだり、カフェに入っておしゃべりしながら飲むものです。わたしは、ドリップコーヒーとは癒されるためのアイテムだと思います。

濃く少なく抽出されたエスプレッソは、癒される飲み方をするものではありません。もちろん人によりますが、たいていのイタリア人の飲み方として、朝の仕事前に1杯、午後の仕事前に1杯、そして仕事終わりに1杯飲みます。つまり、ひと頑張りする前の「ガソリン」としてエスプレッソを飲んでいるのです。

ひと口飲んだだけで、口の中に広がるコーヒーの香ばしい香りと、チョコレートのように濃くて甘いエスプレッソは、コーヒーが好きな人なら魅了されるに違いありません。

イタリアのエスプレッソについて語り尽くすことはできません。本場イタリアの老舗バールで最高のエスプレッソを口にすれば、その魅力に気づかれることでしょう。