コンビニで手軽な値段で買うことができるコーヒーが今では常識になっています。通勤時にコンビニに寄ることが多いのでコーヒーが好きな私はついつい毎回買ってしまいます。そんなコーヒーのコンビニごとの比較をしてみます。

まずはセブンイレブンのセブンカフェです。
セブンイレブンではホットコーヒーとアイスコーヒーのレギュラーサイズが100円で、ラージサイズが150円で販売されています。
セブンイレブンのコーヒーはドリップ抽出方式で、レジでカップを購入し、自分でドリップします。100円とは思えないほどの香りの良さと、程よい苦味で万人受けする味になっていると思います。ドトールコーヒーなどのコーヒーよりもセブンカフェのコーヒーの方が飲みやすいため、100円で購入できてこのクオリティならとても満足です。
セブンカフェにはこのほかにも本格的なミルクの味を楽しめるアイスカフェラテもあります。そちらはコーヒーが苦手な方でも飲みやすいのでおススメです。

次はローソンのまちカフェコーヒーです。
ローソンのまちカフェは何よりもコンビニとは思えないほどのドリンクメニューの多さが特徴的です。季節限定のメニューにも力を入れているようでいろいろな企業とコラボレーションしたメニューもあります。
そんなまちカフェのコーヒーはホットがS.M.Lの3サイズあり、Sサイズが100円、Mサイズが150円、Lサイズが180円となっています。アイスコーヒーはS.M.MEGAの3サイズでSサイズが100円、Mサイズが150円、MEGAサイズが270円となっています。
まちカフェのコーヒーはエスプレッソ抽出方式でセブンカフェのコーヒーと比べると少し苦味が強く感じます。特に豆にこだわっているようで香りもコクもカフェのコーヒーに負けないほどの本格的な味になっています。
また、カフェインレスのコーヒーもあるので夕方や妊娠中、授乳中のママにはこちらがおすすめです。

次はミニストップのコーヒーです。
ミニストップのコーヒーはアイス、ホット共にSサイズとレギュラーサイズの2サイズで、Sサイズが100円、レギュラーサイズが150円となっています。
ミニストップもドリップ抽出方式なのでセブンカフェのように誰でも飲みやすいコーヒーです。
ミニストップではソフトクリームやパフェなどのスイーツが販売されているのでそちらと一緒に購入して一緒に食べるのもおすすめです。
コーヒーの他にもアイスとホットのカフェラテがあります。

以上三社のコンビニコーヒーを比較してみました。皆さんも自分の好みに合ったコーヒーを見つけてみてください。